ものづくり
MANUFACTURING

生産

工場紹介

三重県亀山市に3番目の工場として平成元年6月に竣工しました。当初は壁面収納家具の生産工場として稼働していましたが、現在は大阪の守口工場・八尾工場を統合し、壁面収納家具・ファイリングキャビネットなどのオフィス用収納家具から工場用収納家具・医療用収納家具など、多岐にわたる製品を生産する拠点として稼働しています。
鈴鹿工場では高品質かつ効率よく生産するため、長年培った技術を活かし、多くの汎用機だけでなく、専用の機械・金型・ラインも多数取り揃えており、お客様の多様な要望にも柔軟に対応することが出来ます。
さらに、作業員の教育にも力を入れ、社内・社外教育を積極的に行うことで作業員の質を高め、より高品質の製品を生産できるような体制を取っております。

製造工程紹介

鈴鹿工場では多岐にわたる製品を効率よく、かつ高品質に生産するため、製造工程を機械工程(プレス)、組立工程(溶接)、塗装工程、仕上工程(部品組付・梱包)の4工程に分けて生産を行っています。

機械工程 ―プレスによる打抜・曲げ工程

汎用機から専用ラインまで取り揃え、多品種から量産まで精度の高い薄板板金加工を実施しています。
自動パネルベンダーやNCブレーキなどの多彩な設備と専用金型を最大限生かし、さまざまな板金加工を効率よく行います。

主要設備
NCタレットパンチプレス 3台
自動パネルベンダー 1台
クランクプレス15t~300t 16台
NCブレーキプレス80t~125t 13台
壁面収納家具用プレスライン 1基
シャーリング 1台
コーナーシャー 2台

  • NCタレットパンチプレス

  • 自動パネルベンダー

組立工程 ―溶接による組立工程

曲げ工程の完了した部品を一連の溶接ラインで、組付けて製品を組み立てます。
溶接ロボットや複数の専用マルチスポット溶接機などに加えて社内製作した治具を多数用いることで、繰り返し精度が高く高品質な製品を効率よく製作することが出来ます。

主要設備
溶接ロボット 2台
各種マルチスポット溶接機 11台
各種単発スポット溶接機 37台
炭酸ガスアーク溶接機 11台
壁面収納家具用溶接ライン 1基
キャビネット用溶接ライン 1基

  • 溶接ロボット

  • マルチスポット溶接機

塗装工程 ―前処理・塗装による表面処理工程

一連のラインでリン酸鉄を使用して錆に強い前処理工程を経た後、最新鋭の塗装ロボットやレシプロ装置により、効率の良い塗装を高品質に行います。
塗料は高性能な塗膜、優れた防錆能力、耐久性の高い粉体塗料を使用しています。
粉体塗料はVOC(揮発性有機化合物)や有機溶剤を含まない、環境にやさしい塗料です。
また、塗着しなかった使用済み塗料を自動回収し、再利用するシステムを導入。
コストダウンと廃棄物の削減に努めています。

主要設備
リン酸鉄皮膜処理ライン 1基
焼付塗装ライン 1基
塗装ロボット 4台
レシプロケーター 2台
溶剤塗装機器 1式
粉体塗装機器 1式

  • リン酸鉄皮膜処理ライン

  • 塗装ロボット・焼付塗装ライン

仕上げ工程 ―部品組付・梱包

社内・社外教育を積極的に行い、製品を熟知した作業員が部品の組付・梱包を実施しています。
さらに、社内認定を受けた専属の検査員が確実な検査を実施します。

主要設備
自動梱包ライン 2基

  • 組付け・検査

  • 自動梱包ライン